記事一覧

まだ間に合う!! 夏休みの楽しい工作 超望遠AFレンズを作ってみよう その2

私が使った物を並べてみます。
0728.jpg

画用紙というかスケッチブック、レンズクリーナー、虫眼鏡、ズームレンズ(今回はTamronのAFズームレンズ、80-210mm 1:4.5-5.6を使いました。値段はちょっとお高め840円)、拡大鏡です。
拡大鏡は単に老眼が入ってきているから用意しただけ。材料ではありません。

では、さっそく作業に取りかかります。
ズームレンズの一番先にあるレンズを取り外します。
ねじで留まっているものもあれば、接着してあるものもあるようで、あれこれ試行錯誤しながらやってみて下さい。
ネジの場合、ゴムカバーの下とかに隠れています。
0729.jpg
このレンズの場合、このゴムカバーの横にも2本ネジがありました。(横のネジは光軸調整用?)
ネジを外すとカパッとレンズがはずれます。
0730.jpg
この取り外したレンズを対物レンズと言いますが、カメラ業界??では前玉と言います。そのまんまですけど……
この対物レンズの代わりに虫眼鏡を使ってみましょう。

まずは画用紙で望遠鏡の筒の部分を作ります。
0731.jpg
筒の先に虫眼鏡を取り付けましょう。
取り付けはテープで。ちょっと雑だなあ……
0732.jpg
分解したズームレンズは先端の対物レンズが前に繰り出されることによってピントを合わせています。
0733.jpg
先ほど作った筒に分解したズームレンズをガバッと突っ込んで先端にテープで留めてしまいましょう。
はい出来上がり。
0734.jpg
さあ、試し撮りです。

ん~全然見えませんけど……
何でかな~

それを考えるのも自由研究です。
望遠鏡の原理が理解できていれば、すぐに間違いに気づくはず。

次回に続く~
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

楽天ショップ



検索フォーム

自己紹介

お金も無いのについ好奇心だけでつまらないものを買ってしまって散財する、貧乏人にありがちな行動をとってしまう。わかってはいるんですが、ついやってしまうんですよね。
財布に下痢止めが欲しいくらいです。
そんな貧乏エンジニアの思いつき日記です。

オススメAmazon





トータル

今  日

現在の閲覧者数: