秋のフィッシングメール祭り 絶賛開催中

以前の分類記事
09 /28 2012
このところやたらとやってくるフィッシングメール。
最近は少しは進化している模様で。
特徴は
・アメリカの有名通販サイトを騙る。
AmazonとかNeweggとか。
・メールアドレスが複数指定されていない、つまり完全に狙い撃ち。

HTMLメールなのですぐにフィルターに引っかかりますが、リンク先が.phpになっているあたりああ恐ろしい。

今日届いたフィッシングメールはアメリカAmazonからで、
「カシオの時計を送ったから確認してね。お代は$XXXでvisaでお支払いだから。」
という内容。

まあ、こういうフィッシング手口に疎い人だったら、いきなり英文のメールで百数十ドルの請求が来たらビックリしてリンクをクリックしても不思議はないです。
この手のメールはこちらの住所も名前も一切書かれていないので、すぐにフィッシングだと分かるわけですが、どこかの通販サイトから情報が漏れでもしたら、名前入りフィッシングメールが届きますね。そうなったときに対処できるかどうか?
結構難しいかもしれません。
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!