記事一覧

シャープはもうダメかも分からんね

シャープ 新技術のスマートホン投入へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120925/k10015256651000.html

主力事業の不振で赤字が続く大手電機メーカーの「シャープ」は、世界で初めて実用化した高精細の液晶パネルを組み込んだスマートフォンとタブレット端末を、今年度中に国内で発売する方針を固め、経営再建の柱としたい考えです。

シャープは、これまでの液晶パネルと比べて、消費電力を5分の1程度に減らし、画面を高精細にした液晶パネルを世界で初めて実用化しました。
この新型の液晶パネルを組み込んだスマートフォンとタブレット端末を再建策の柱と位置づけ、今年度中に国内で発売する方針を決めました。
この液晶パネルについては、出資を受ける交渉を続けている台湾の大手電子機器メーカー「ホンハイ精密工業」に供給する方向でも協議しています。
これによって、三重県亀山市の亀山第2工場では、製造する液晶パネルのうち新型の比率を今年度中に8割程度に引き上げる計画です。
シャープはこうした計画を基に、今年度下半期は営業黒字を確保し、来年度は通期で最終黒字を目指すことを主力銀行のみずほコーポレート銀行と三菱東京UFJ銀行に伝え、銀行側も、資金繰りを支えるため2000億円規模の融資枠を、設定する方向で調整しています。
みずほと三菱UFJは、先月までにおよそ1300億円の融資を行っており、今回の融資枠と合わせると総額で3500億円近い巨額の融資でシャープの再建を支援することになります。
-------------------------------
液晶や太陽光パネルを柱にした戦略で、中韓の価格競争に巻き込まれ会社が傾いているのにそれでもなお液晶にしがみつくこの判断が、妥当だとはどうしても思えないんです。
しかもGALAPAGOSで大失態を演じたばかりだというのに、まだタブレット端末だと考えているあたり、どうも理解に苦しみます。
そもそもGALAPAGOSの失敗を総括して次世代端末にフィードバックできる体制を整えたのでしょうか?

自力再建を諦めて主力銀行から経営陣を招いた方がいいような気がするんですが……
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

楽天ショップ



検索フォーム

自己紹介

お金も無いのについ好奇心だけでつまらないものを買ってしまって散財する、貧乏人にありがちな行動をとってしまう。わかってはいるんですが、ついやってしまうんですよね。
財布に下痢止めが欲しいくらいです。
そんな貧乏エンジニアの思いつき日記です。

オススメAmazon





トータル

今  日

現在の閲覧者数: