記事一覧

新型宇宙船、開発急ピッチ

 スペースシャトルの後継として、小惑星や火星を目指す米航空宇宙局(NASA)の新型宇宙船「オリオン」
0696.jpg
のテスト飛行用の機体が、発射基地となる米フロリダ州のケネディ宇宙センターに搬入され、2日、記念式典が開かれました。2014年の無人試験飛行を目指しています。

 オリオンはカプセル型の4人乗り宇宙船。これからNASAで周囲に耐熱材を張り付けるなど最終的な組み立てを行います。

形はアポロ型に逆戻り。
こちらの方が運用コストは遙かに安いそうですが、人が乗れるのは先端の円錐形の部分だけなので、これだけで火星探査は無理でしょう。
居住用モジュールは別に打ち上げておいて地球の周回軌道上でドッキング、アポロのようにいらなくなったモジュールは捨てて帰るんでしょうか?
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

楽天ショップ



検索フォーム

自己紹介

お金も無いのについ好奇心だけでつまらないものを買ってしまって散財する、貧乏人にありがちな行動をとってしまう。わかってはいるんですが、ついやってしまうんですよね。
財布に下痢止めが欲しいくらいです。
そんな貧乏エンジニアの思いつき日記です。

オススメAmazon





トータル

今  日

現在の閲覧者数: