記事一覧

「Surface」に思う 何度目の失敗?

MicrosoftがSurfaceを発表しました。
本当に思う、「Microsoftはタブレットが好きだなあ……」と。

WINTEL連合の考え出すハードは大成功したという印象がありません。
hagaki PC、UMPC、Netbook、今躍起になっているULTRA BOOKも定着しないでしょう。

過去に失敗したハードを見ると、MicrosoftはPC製作に手を出すべきではないでしょう。
iPadやiPhoneを見て「俺たちも」と思う気持ちは分からないではないですが、世の中タブレットブームなのではなくて、iPadが売れているだけです。iPadの画面の美しさや操作性が人々の嗜好とマッチしたから売れたのであって、タブレットだから売れたわけではないでしょう。

だから、ここで「Surface」を投入したところで、iPad購入層がSurfaceに買い換えるかどうかはOSやインターフェイスの出来次第。
Win8を搭載しているのなら、それが今までとは全く違う新しいタブレットになる可能性はほとんどないように思えます。

SC-05Dを使いながら思います。Androidはやっぱり使いにくい。
アップル嫌いな私でさえ、iPhoneにしようかと思案しているところです。
そんなわけで、マイクロソフトも日本のパソコンメーカーも捕らぬ狸の……になって残念でしたという結末のような気がします。

空の上からジョブズの高笑いが聞こえてきそうです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

楽天ショップ



検索フォーム

自己紹介

お金も無いのについ好奇心だけでつまらないものを買ってしまって散財する、貧乏人にありがちな行動をとってしまう。わかってはいるんですが、ついやってしまうんですよね。
財布に下痢止めが欲しいくらいです。
そんな貧乏エンジニアの思いつき日記です。

オススメAmazon





トータル

今  日

現在の閲覧者数: