記事一覧

ネットワークレコーダー「nasne」、Xperiaから視聴・録画予約

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、4月17日に発表したネットワークレコーダー「nasne」(ナスネ)について、報道関係者向けの合同体験会を実施し、概要をデモした。

 nasneは、地上デジタルおよび衛星デジタル(BS/110度CSデジタル)チューナー搭載で、500GBのハードディスクを内蔵したネットワークレコーダー。7月19日に1万6980円で発売される予定。

 同製品では、PlayStation 3(PS3)用のアプリケーション「torne」(トルネ)やVAIO用のアプリケーション「VAIO TV with nasne」を利用して、テレビ番組の視聴や録画が行える。さらに、XperiaやSony Tablet、PS Vitaといったソニーグループのモバイル機器で録画した番組を無線LAN経由で再生できる。これらの機器からは、「Gガイド.テレビ王国CHAN-TORU」というアプリを利用して、遠隔録画予約も可能。
今回のデモでは、ネットワーク経由ながらもPS3上でtorne同様に快適な操作が行える様子や、対応する各種機器からnasneにアクセスする様子が披露された。nasneでは、DTCP-IPのストリームを2つ利用可能となっており、2台の対応機器から同時にアクセスできる。チューナーが1基しか搭載されていないため、リアルタイム視聴は1台のみとなるが、一旦ストレージに録画が開始されれば、その後はタイムシフト再生できる。

 ソニーモバイル製のAndroidスマートフォン「Xperia」については、先日発表された「Xperia GX SO-04D」「Xperia SX SO-05D」が最初の対応端末となる。また、Sony Tabletについては、5月24日に開始されるAndroid 4.0へのバージョンアップと同時に提供されるアプリ「RECOPLA」をインストールすることでnasneにアクセスできるようになる。

 PS Vitaについては、年内リリース予定の「torne for PS Vita」(仮)を利用することでnasneにアクセスできる。こちらでは、ストリーミング再生に加え、録画データの書き出しも可能となっている。

 なお、同社では、Xperiaシリーズ以外のスマートフォンからのアクセスについて、基本的にはDTCP-IPで制御しているため、同仕様を満たしていれば再生できる可能性はあるが、動作は保証できないとしている。
ソース
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

楽天ショップ



検索フォーム

自己紹介

お金も無いのについ好奇心だけでつまらないものを買ってしまって散財する、貧乏人にありがちな行動をとってしまう。わかってはいるんですが、ついやってしまうんですよね。
財布に下痢止めが欲しいくらいです。
そんな貧乏エンジニアの思いつき日記です。

オススメAmazon





トータル

今  日

現在の閲覧者数: