記事一覧

簡単にできる節電対策

夏は20%節電だなんて言われていますが、今まで通りの生活で簡単にできる節電方法を伝授しましょう。

ターゲットはHDDレコーダーです。
レコーダーは出荷状態でクイックスタート(高速起動とかメーカーによって名称は違います)がONになっています。
うちはPanasonicのディーガですが、
CIMG0131.jpg
待機電力が16Wです。
これをクイックスタートOFFにすると
CIMG0132.jpg
3Wになります。
つまり13Wの節電です。
クイックスタートを切ると電源を入れたときに立ち上がりに20秒くらいかかるようになりますが、クイックスタートを入れていても10秒くらいはかかりますから、こんなものは切ってしまっても何にも影響はありません。

これが24時間消費されていますので、1ヶ月では
13Wx24時間x30日=9.36kWh
です。

一般家庭では月に350kWh~400kWhくらい使っているのでしょうか?
仮に400kWhとすると9.36kWhは2.34%にあたります。
我が家はレコーダーが2台あるので概ね20kWhの節電。
割合で行くと約4.7%。
料金だとおおむね525円(電力会社や契約形態によって違います)の節約。
メーカーによっては25W程度の待機電力を必要とするものもあるようですので、
その場合だと1台あたり約4%の節電です。

家にHDDレコーダーがたくさんあるところは、それだけで10%以上の節電になります。

お金を掛けずに今すぐ出来てしかも生活に何らの影響も無いこの方法。
今すぐ実践してみましょう。

そしてメーカーは初期設定を「クイックスタート切」にするようシステムアップデートしてもらいたいものです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

楽天ショップ



検索フォーム

自己紹介

お金も無いのについ好奇心だけでつまらないものを買ってしまって散財する、貧乏人にありがちな行動をとってしまう。わかってはいるんですが、ついやってしまうんですよね。
財布に下痢止めが欲しいくらいです。
そんな貧乏エンジニアの思いつき日記です。

オススメAmazon





トータル

今  日

現在の閲覧者数: