記事一覧

まもなく離陸、新しい交通システム 「ホンダジェット」の全貌(1)

ホンダが20年以上の歳月を費やして開発した小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」が、顧客への引き渡しに向けてカウントダウンに入った。2012年内に量産を始め、翌2013年後半には供給を開始する。本連載では、競争力の裏づけとなる斬新な技術を搭載した機体、その技術を開発したR&Dセンター、機体として生産する量産工場など、HondaJetの全貌をさまざまな角度から解説する。
 「HondaJetは、客室(キャビン)内の広さ、燃費の良さ、飛行可能な速度のすべてで既存の小型ビジネスジェット機に勝っている」。米Honda Aircraft社の社長兼CEO(最高経営責任者)の藤野道格氏は、HondaJetの競争力の高さについて自信を見せる(図1)。
 例えば、キャビンの広さ。従来の小型ビジネスジェット機では、向かい合って座った乗客の足元のスペースが非常に狭く窮屈に感じる。これに対しHondaJetでは、乗客同士の足がぶつかることなくゆったりと座れる(図2)。燃費については、従来の同級機クラスのビジネスジェット機よりも約20%向上させた[注1]。
http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A9C93819499E2E0E2E3998DE2E0E2E7E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;p=9694E2E0E2E7E0E2E3E0E5E6EAE4?n_cid=DSTPCS003
----------------------------------
[注1] 機体の価格は450万米ドルである。

意外とお安いんですね。
4+1か5人乗り。
日本は空港の使用料が高いのでなかなか普及しませんが。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

楽天ショップ



検索フォーム

自己紹介

お金も無いのについ好奇心だけでつまらないものを買ってしまって散財する、貧乏人にありがちな行動をとってしまう。わかってはいるんですが、ついやってしまうんですよね。
財布に下痢止めが欲しいくらいです。
そんな貧乏エンジニアの思いつき日記です。

オススメAmazon





トータル

今  日

現在の閲覧者数: