記事一覧

シャープ、プラズマクラスター塔載のロボット掃除機

シャープは、ロボット家電の「COCOROBO(ココロボ)」を発表。第1弾モデルとして、ロボット掃除機「RX-V100」「RX-V80」の2機種を6月上旬より発売する。

上位機種「RX-V100」は、人工知能「ココロエンジン」を搭載し、充電量や掃除の状況に応じた多彩な反応が楽しめるほか、音声認識「ボイスコミュニケーション」機能による対話操作も可能。対応言語は、日本語(関西弁も可)、英語、中国語。また、無線LANと接続し、内蔵カメラで撮影した画像をスマートフォンで確認することができる。

さらに、約14000回/分の高速回転ターボファンを備えた独自の「強力吸じんシステム」を塔載し、フローリングの目地に詰まった細かなゴミまで吸い込むほか、超音波センサーで障害物を検知して、賢く自由に動き回ることが可能。加えて、「高濃度プラズマクラスター7000」を塔載し、プラズマクラスターイオンを放出。運転中、充電残量が20%未満になると、自動で充電台へ戻るようになっている。

このほか、「RX-V80」は、「ココロエンジン」と「強力吸じんシステム」、「高濃度プラズマクラスター7000」を搭載した下位機種となる。

本体サイズは共通で、346(幅)×96(高さ)×346(奥行)mm、重量は3.3kg(バッテリー含む)。最長運転時間は約1時間.リモコンや充電台などが付属する。ボディカラーは、「RX-V100」がパールホワイト、「RX-V80」がシルバー。

価格はいずれもオープン。
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/ctcd=2130/id=22158/
-------------------------------
我が家は犬がいるのでロボット掃除機があると犬の毛を吸ってくれて助かるのですが、バリアーだらけ(つまり段差があるのです)なので、居間だけとかキッチンだけとか限定になってしまうのでもったいないのです。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

楽天ショップ



検索フォーム

自己紹介

お金も無いのについ好奇心だけでつまらないものを買ってしまって散財する、貧乏人にありがちな行動をとってしまう。わかってはいるんですが、ついやってしまうんですよね。
財布に下痢止めが欲しいくらいです。
そんな貧乏エンジニアの思いつき日記です。

オススメAmazon





トータル

今  日

現在の閲覧者数: