びぃさんの「DIYバカの職人気分」  ガジェット研究所リニューアルオープン

ガジェットを買った、使った、自作した …… バカとハサミは死んでも治らん



PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本敗れたり? 電気自動車の充電規格は米独8社で共通化!

5/6~5/9にかけてLAで開催される電気自動車シンポジウム「EVS26」において、アウディ、BMW、クライスラー、ダイムラー、フォード、ゼネラルモーターズ、ポルシェ、フォルクスワーゲンの米独の自動車メーカー8社は、新しい電気自動車の充電ポート規格についてのデモンストレーションを共同で行なうと発表しました。

すでに数年前から共同開発されているもので、普通充電と急速充電を同一ポートで行なうのがポイント。日本で普及している急速充電ポート規格「CHAdeMO」は、普通充電と互換していないので、多くの電気自動車がふたつの充電ポートを用意する必要があります。
たとえば、日産リーフはフロントに充電口を持っていますが、そのカバーを開けると向かって左に急速充電、右に普通充電とふたつのポートが並んでいます。また三菱i-MiEVなどではボディの左右に急速充電と普通充電ポートが振り分けられているので充電方式によって充電器に寄せる側が異なります。

これに対して米独8メーカーが提唱するコンバインド充電ポートは、普通充電ポートを急速充電でも利用することで1つのポートで急速・普通充電の両方に対応でき、使い勝手や配線などがシンプルにできるメリットがあるということ。
また日本規格のCHAdeMOは直流(DC)電流となっていますが、米独8社の規格は直流も交流(AC)も対応できるよう設計されているということです。

電気自動車の市販化では先行してきた日本の自動車メーカーが採用してきたCHAdeMO規格ですが、こうしたグローバルなライバルに圧倒されてしまうのでしょうか。
なお、この新規格ポートを採用した市販車は2013年にも発売される予定ということです。
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/clicccar/2012/05/-8.html
----------------------------
写真を見れば分かりますが、ポートが同じなのではなく、どちらの方式でも2種類のポートが存在します。
CHAdeMOは普通充電と急速充電を完全に分けていますが、EVS26は同じところにあると言うだけ。急速充電は一つのプラグで両方のポートが差せるようになっています。

家電で言うところのコンセントの形状が違うだけ。
外国に旅行に行くときはコンセントのアダプターを持って行くでしょう?
それくらいの違いしかありません。
だから何の意味もなし。
ガソリン車のフューエルキャップが日本と海外で違うのと同じです。それ自体に大した意味はありません。

この記事を書いた記者は何も理解していないことが分かります。

そもそも、ヨーロッパとアメリカと日本では電圧が違うし。
日本は100Vですが、ヨーロッパは220V~240V。
それから交流でも直流でも充電できるのがものすごく良いように書いてありますが、i-MiEVが交流から充電できないとかそんなことはありません。
充電用のケーブルを家庭のコンセントに挿すだけです。普通に家庭用の交流電源で充電できます。
それはEVS26でもおなじです。

この記者は本当に何も知らないようですね。

ちなみにi-MiEVには何度か試乗しましたが、左側に急速充電ポートがあるとは知りませんでした。(^_^;)
だって、普通に乗っていたら急速充電をする機会はないんだもの。
急速充電スタンドを設置しているところがほとんどないし。
関連記事

| 自動車・バイク | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://gadgetkenkyusyo.blog110.fc2.com/tb.php/3548-26a52953

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。