記事一覧

ネット生保が急成長 相次ぐ新規参入

店舗や営業担当者を抱えず、生命保険商品をインターネットで販売する「ネット生保」が好調だ。大手生保の半分程度の保険料や商品設計の分かりやすさが受け入れられ、20~30代を中心に契約数を伸ばしている。生保業界での契約シェアはまだわずかだが、新規参入が増えつつあり、市場での存在感は高まっている。

 3月15日に東証マザーズに上場し、ネット専業生保として初の株式公開を果たしたライフネット生命保険は、3月末時点の保有契約件数が11万8千件になり、前年同期と比べてほぼ倍増。4月16日には12万件を突破した。

 急成長の理由は、保険料の安さにある。30歳男性で保険金3千万円(保険期間10年)の定期死亡保険の月払い保険料を3484円と、大手生保の半分程度に抑えた。インターネットに販路をほぼ絞ることで、人件費や固定費を大幅にカットした。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120430/bse1204302200000-n1.htm
----------------------------
保険をネットで契約するとか、私には信じられない。
しかも外資系は特に気をつけないといけないです。
金を払い続けていても、経営が行き詰まったら、即日本から撤退!!
ってことになってしまう。
保険会社が破綻したら保証も何もありませんよ。
これは生保だけでなく損保(自動車保険ね)にも当てはまります。

まあ、あくまでも私の持論ですが、生命保険は「生協」か「県民共済」が最強!!で、しかも安い。
自動車保険なら「農協」一択。

イヤになるほどCMを流しているのって、胡散臭くありませんか?
某外資系保険会社みたいに……
誰でも入れますけど保険金は払いません……みたいな……

やたらとCMを流している法律事務所も……

CM流さないとやっていけないんかい!! という突っ込みを入れたくなってしまう。
車や洋服やお菓子じゃないんだから。
病院がCMやっていたら、その病院に行く気がします?

CMを流さないのに健全経営で問題も起こさない保険があるのなら、そっちの方が信用できると思いませんか?

ツアーバスではありませんが、安いのには訳があります。
取り返しの付かないものはよく調べてから行動をしましょう。
それからメディアの情報には踊らされないように。
メディアは広告料で経営をしています。
だから広告主をおとしめるようなことは取り上げないと思った方がいいでしょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

楽天ショップ



検索フォーム

自己紹介

お金も無いのについ好奇心だけでつまらないものを買ってしまって散財する、貧乏人にありがちな行動をとってしまう。わかってはいるんですが、ついやってしまうんですよね。
財布に下痢止めが欲しいくらいです。
そんな貧乏エンジニアの思いつき日記です。

オススメAmazon





トータル

今  日

現在の閲覧者数: