スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸新幹線、在来線と直通に 「フリーゲージ」導入へ

お知らせ
04 /29 2012
2025年度末に敦賀(福井県)まで通じる予定の北陸新幹線で、国土交通省は線路の幅が違う在来線と行き来できる新型列車「フリーゲージトレイン」(FGT)をとり入れる方針を固めた。FGTなら敦賀―大阪の在来線区間も走れるため、富山―大阪間を乗り換えなしの直通運転でつなぐことができる。

 FGTが走っても、敦賀―大阪間にかかる時間は今の特急と変わらない。乗り換えの手間が省けるだけだが、国交省は「心理的な不便さが消える」と説明している。列車を運行するJR西日本も前向きだ。

 FGTは北陸新幹線が25年度末に敦賀まで開通するのと同時に走らせる。今の在来線特急が走る富山―大阪間で直通運転する見通し。国交省はさらに米原経由で名古屋方面に乗り入れることも検討しており、富山―名古屋の直通運転をする可能性もある。
http://www.asahi.com/national/update/0428/TKY201204280197.html
------------------------------
フリーゲージトレインは振り子型に出来ないのでカーブで速度が出せないから遅くなると聞きましたが、改善されたのでしょうか?
機構は面白いけど、複数の軌幅が入り交じるヨーロッパでさえ機関車は入れ替えで済ませているんですが……
動輪を持った電車をフリーゲージで走らせて大丈夫?
その、乗り換えの手間がいらないと言うだけでそれ以外に使い道のないものを作るくらいなら、新幹線ホームの反対側に狭軌のレールを引いて、特急を降りたら向いのホームに止まっている新幹線に乗れるようにすればいいんじゃない?

四国ですらマリンライナー乗り換えなのに……富山に直通の意味がいかほどあるのだろうか?
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。