スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞はネット課金とネット配信の区別も付かないらしい

以前の分類記事
04 /20 2012
任天堂、「ネット課金」開始 赤字目前で方針転換
任天堂がゲームのパッケージソフトの購入者に、インターネット経由で追加シナリオを販売する「ネット課金」ビジネスを始めた。これまでゲーム業界で高額請求が社会問題化していたことから参入に慎重だったが、他社が売り上げを伸ばす中で方針を転換した。

 任天堂は19日、「ニンテンドー3DS」のソフト「ファイアーエムブレム 覚醒」を発売した。ゲーム本編は、小売業界への配慮などから店頭で販売するが、ゲーム本編とは別の追加のシナリオは、ネットで300円(5月末まで無料)で販売する。追加シナリオを増やし、1本のソフトで継続的な収入を狙う。

 決済はクレジットカードのほか、店頭でプリペイドカードを購入する方法がある。こうした仕組みは「ネット課金」や「アイテム課金」と呼ばれる。
http://www.asahi.com/business/update/0419/OSK201204190104.html
----------------------------------
これは追加シナリオをパッケージで販売するのではなく、ダウンロード販売するだけであってネット課金とは言わない。
ネット課金とは月額いくらとかアイテム買うといくら、みたいな課金方法のこと。
追加シナリオ自体は、PCゲームではよくあって、QuakeとかHalf-life2には追加エピソードがある。
本体を買わないと追加エピソードだけでは遊べない。
人気の出たゲームにはこういった拡張パックが出るのは当たり前。
それをダウンロード販売すると言うだけ。

朝日新聞にはその区別が付かないらしい。
参った参った。

まあ、販売方法がプリペイド式というのはちょっといただけませんが。
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。