記事一覧

ウィルス対策ソフトでスマホアプリ 情報大量漏洩は何が問題なのか?

気ゲームを動画で紹介するスマートフォンの複数のアプリが、利用者の電話帳に登録されていた名前やメールアドレス、電話番号などの個人情報を勝手に外部に送信していたことが、セキュリティー会社の調査で分かりました。
このアプリは13日に削除されましたが、少なくとも6万人以上が利用していたとみられ、セキュリティー会社では、延べ数十万人から数百万人の個人情報が流出したおそれもあるとみています。

東京のセキュリティー会社「ネットエージェント」によりますと、問題のアプリはいずれもアンドロイドのスマートフォン向けに特定の作者が開発したもので、分かっているだけで16種類あります。
アプリの名前は、「連打の達人 the Movie」「桃太郎電鉄 the Movie」などまったく関係のない人気ゲームに「the Movie」などというタイトルをつけて、無料で配布されていました。
これらのアプリは、いずれもタイトルにある一般的な人気ゲームの動画を見ることができるというものですが、セキュリティー会社がアプリの動作を解析したところ、利用者のスマートフォンの電話帳に登録されていたすべての名前やメールアドレス、電話番号を、無断で外部のサーバーに送信する機能があることが確認されたということです。
これまでにこのアプリをインストールした人はおよそ6万6000人から最大で27万人余りに上るということで、セキュリティー会社では、場合によっては延べ数十万人から数百万人の大量の個人情報が流出した可能性があるとみています。
これらのアプリは国内の特定の開発者が作ったとみられ、アプリをダウンロードするサイトからは、13日、作者の連絡先とともにすべて削除されています。
セキュリティー会社では、これらのアプリをインストールしたことがある人はすぐに削除するよう呼びかけています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120413/t10014429731000.html
-----------------------
ニュースになったこの事件、この手の事件がたびたび報じられますが、googleもこれと同じことやると宣言しています。

で、googleはOKで、個人でやるとアウト?

そんなバカな話はないよなあ。

googleがOKなら個人がやってもOKなはず。
つまりやりたい放題、抜きたい放題。
個人情報保護法なんてなんか意味ある?

Samsunやgoogleに家宅捜査に入るのなら警察を評価したいが、今のところ政府が指導するとか警察が内偵捜査しているとか、そういう話は聞かない。
つまり誰もやる気がない→やりたい放題
と言う現状。
日本って法治国家じゃなかったっけ?

危機管理能力のない政府に任せていては、頭の上をミサイルが飛んでいっても、スマホから情報を抜かれても何もしてくれませんので、せめて自らの手でセキュリティ対策はしておきましょう。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

楽天ショップ



検索フォーム

自己紹介

お金も無いのについ好奇心だけでつまらないものを買ってしまって散財する、貧乏人にありがちな行動をとってしまう。わかってはいるんですが、ついやってしまうんですよね。
財布に下痢止めが欲しいくらいです。
そんな貧乏エンジニアの思いつき日記です。

オススメAmazon





トータル

今  日

現在の閲覧者数: