スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャープ、酸化物半導体採用のノート向け10型2,560×1,600ドット液晶

パソコン
04 /13 2012
シャープ株式会社は、酸化物半導体(IGZO)を採用した高精細液晶パネルの生産を開始したと発表した。

 従来に比べ、薄膜トランジスタの小型化が可能で、画素あたりの光の透過量を高め、低消費電力化も図れるという酸化物半導体の採用について、同社では2011年から実用化を予告していたが、このたび3つの製品の本格的生産が発表された。

 液晶ディスプレイ向けとして、32型が解像度3,840×2,160ドットで、画素密度が140dpi。高精細ノートPC向けとして、10型が2,560×1,600ドットで、300dpi。タブレット向けとして、7型が800×1,280ドットで、217dpi。

 亀山第2工場で生産する。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120413_526257.html
---------------------------
7インチ800x1280だったら、富士通LOOX u/g90搭載の5.4インチ液晶の方がドットピッチが小さいですが、これが液晶テレビに変わる液晶部門の主力製品の一端でしょうか?
これを使って何かデバイスを考えているのなら、一応期待はしてみたいと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。