スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャープのスマホ戦略「海外勢との闘いはこれから本番」

パソコン
04 /12 2012
国内トップシェアのシャープ。アップルをはじめとする海外勢が急速にシェアを伸ばすなか、どう戦っていくのか。執行役員 通信システム事業本部長の大畠昌巳氏は「AV連携や省エネ化で他社と差別化したい」と意欲を見せる。
http://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/2073/Default.aspx
---------------------------
「やる時はやる」とか、「本気を出せばこんなもんじゃない」とか言うやつに限って役に立たないです。
「これからが本番」とかいって、すでに大敗しているのに何を言っているのやら……

このインタビューを見る限り完全に「内向き」ですね。
全部入りスマホ最強!! とか、やっぱりシャープは分かっていなかったんですね。
中国で展開したいとか、ヨーロッパでの知名度を上げたいとか思うのなら、グローバルで戦える端末開発をしなければいけないでしょうが、「全部入り日本仕様」と「それ以外の輸出用」ダブルスタンダードで製造をしていくのでしょうか?
それでコスト的に見合うのでしょうか?

iPhoneが世界でも国内でも驚異的に売れた理由をきちんと分析しているのやらいないのやら。
iPhoneにおサイフ機能がある?(おサイフ機能のシールはあります)ワンセグ機能がある?
全ての国民が全ての機能を必要とするわけもなく、むしろ、そういった付加機能は「あったらいいな」であって必要十分条件ではないと思う。
もっと根本的な「フリーズしない」とか、「サクサク動く」とか、「画面が指の先に吸い付いたように操作できる」とか、もっと五感に直接伝わるような快適性を追求する方が先決のような気がします。

それからユーザーの声を受け入れすぎるととんでもないものが出来上がって、結局誰も買わなくなるので気をつけて頂きたいです。

最後に
「ザウルスは当初、独自OSを搭載していたのですが、その後、リナックスを採用しました。リナックスになれば課題はすべて解決すると考えていましたが、実際にはアプリケーションを軽快に動作させるのに非常に苦労しました。Androidはご存知のようにリナックスベースであり、ザウルス時代に悪戦苦闘した技術者が核となってAndroidスマートフォンの開発に携わっています。」

とのことですが、
ザウルス部隊って解散したと聞きましたが……
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。