スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4年後には職業がなくなる!? クラウド時代のインフラエンジニアの未来(2)

以前の分類記事
03 /26 2012
2012年1月27日、約1,000人のWebエンジニアが参加したイベント「エンジニアサポート新年会2012 CROSS」が開催された。
日は、スマートフォンやクラウドといったトレンドの渦中にいるエンジニア同士のセッションや、エンジニアの働き方、キャリアプランついて企業の人事同士が議論するセッションなど、12もの幅広いクロスセッションが開催され、総勢80名に上るスピーカーが登壇した。
……
http://www.excite.co.jp/News/it_biz/20120326/Cobs_ie_201203_4-2.html?_p=1
-----------------------------
「まず、クラウドサービスを利用する理由として、「障害対応、冗長化、セキュリティ対応等といったコストをクラウドサービスのベンダーに転嫁し、業務インフラの運用部分のコストを削減できること」が挙げられ、運用コストの削減により、自社サービスのプラットフォーム運用・構築にリソースを集中可能になるとした。」

アホだ……
セキュリティをベンダーに丸投げしてクラウドをやるとか……
例えハッキングされてもいいようなデータしか扱わないのならそれでもいいけどねえ……
利用者の知られたくない個人情報がごっそり漏れたら、ただじゃ済まなくなるんじゃない?
ベンダーの社員がデータを持ち出す……なんてこともなくなる様子はないしね。

まあ、どちらにしろ、インターネットストレージを含めてクラウドサービスを利用するときは流出しても大丈夫なことだけにしておきましょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。