スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYタイムズ、電子版の無料記事閲覧数を半減

お知らせ
03 /21 2012
米ニューヨークタイムズ紙を発行するニューヨークタイムズメディアグループは2012年3月20日、同紙電子版で無料配信している記事数について、2012年4月から現行の20本を10本に半減させることを明らかにした。

NYタイムズは2011年3月に電子版に一部有料化を始めたが、有料購読者数は約45万4000人に達しているとしている。NYタイムズのウェブサイトにある購読料一覧を見ると、すべての電子版コンテンツをパソコンとスマートフォンのアプリを使って閲覧する場合は4週間で15ドル(約1245円)、パソコンとタブレット型端末による閲覧は同20ドル(約1660円)、端末の制約なしの場合は同35ドル(同2905円)を支払わねばならない。2012年3月21日時点では、いずれも最初の4週間に限って99セント(約82円)という特別価格で提供している。
http://www.j-cast.com/2012/03/21126032.html
---------------------------------
web上では何でも無料が当たり前と思っている人が大半のようですが、正当な情報や製品には正当な対価を要求するべき。
ただで提供したり利用したり、スポンサー広告収入を当てにする収益モデルは、結局長続きせずにやがて破綻します。
ニューヨーク・タイムズの判断は、極めて正しい。
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。