スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテルが「Ultrabook」で大規模プロモーションを展開

パソコン
03 /15 2012
インテルは、薄型軽量ノートパソコンの新カテゴリーである「Ultrabook」の普及促進を図るため、大規模なプロモーション活動を展開する。テレビCMの放映や量販店での専用売り場設置などに加え、FacebookやYouTube、mixiなどとそれぞれ連携し独自コンテンツを提供する。

 同社によると、Ultrabookに該当するノートパソコンとは、(1)きょう体の厚さが21mm以下である、(2)同社の「Rapid Start Technology」または同等の技術により休止状態から7秒以内に復帰できる、(3)CPUに第2世代Core iシリーズを採用している、(4)製品のきょう体に「Ultrabook」のロゴを貼り付けるなどインテルと共同プロモーションを展開する――といった条件を満たすもの。「薄さや長時間駆動といった性能に加え、思い立ったときにすぐ起動し、インターネットに即座に接続して使えるといった機能を提供することで、ユーザーのパソコンの使い方を広げ、より楽しんでいただきたい」(同社代表取締役社長の吉田和正氏)としている。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120315/386423/
----------------------------------
で、また転ける……と。
ニーズが分かってないですね。
薄くすれば放熱に不利なのに、COREシリーズを積んでバリバリ熱出して、そりゃどこかで無理が出ますって。
ユーザーにしてみると数mm薄くなったところで何らメリットはなく、それよりも駆動時間とか低発熱とか軽さとか小ささとか、そっちの方向でしょうよ。
それと、キーボードをないがしろにしすぎ。
薄くなれば一番影響の出るのがキーボードでしょう。
ストロークを少なくして薄くすればタッチが悪くなり誤入力が増えます。
特に最近の安いノートPCはキーボードがひどいですね。
台湾、中国、韓国系メーカーのノートPCは特にひどい。
もっと気持ちよく打てるキーボードを搭載してもらいたいものです。

人間が使うんだからヒューマンインターフェースを重視しないと売れないですよ。
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。