スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霞が関の危機感は…不審メールに6000人“感染”

以前の分類記事
01 /23 2012
日本政府のサイバー攻撃に対する弱さが浮き彫りとなりました。政府が訓練として、霞が関の職員6万人に対し、模擬ウイルスが添付されているメールを送ったところ、全体の1割約6000人が添付ファイルを開けてしまったことが分かりました。

 政府は訓練として、去年10月から12月の間に各府省庁から無作為に選んだ6万人の職員に模擬ウイルスが添付されているメールを送付しました。その結果、全体の1割の約6000人もの職員が添付ファイルを開封しました。ファイルを開いた職員は情報管理の教育用サイトに誘導されましたが、増加するサイバー攻撃への危機意識の低さが明らかになりました。
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220122022.html
---------------------------------
日本は多数のおバカでアホで学習能力のない国家公務員が権限を握っています。

というか、感染した連中、全員クビでいいんじゃない?
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。