スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝 5.1インチタブレット

パソコン
01 /15 2012
0002.png
東芝はより小さなタブレットの開拓者ではありませんでした。
実際つい最近、会社を行った、それがその7インチをリリースした時、サブ-10-インチものに入る、繁栄します。
しかし、私は、それらは全く特別のものを開拓することができたと本当に思います。また、それは、見るプロトタイプで始まるかもしれません。
それは5.1インチのタブレットです。しかし、16:10、16:9あるいは4:3比率を備えた他のタブレットと異なり、このタブレットには21:9の比率があります。
明らかに、それはこの装置を目立たせます。しかし、あなたが知っているかもしれないし、知っていないかもしれないことは、21:9が映画製作者の好ましい縦横比であるということです。
それは最終映画が中へ送られるものです。また、そのため、HDTVの底の暗い棒を見ます。
このため、私は、新しい種類のタブレットを製作するために東芝は成功していると思います。
非常に広い縦横比と一致して、東芝は、十分な映画がスクリーン上でなされることを認めています;
すなわち、棒(近道なし)はありません。
転ずるものはすべて、単に映画から消えます。
終了した装置は、今年、ある時点でリリースされるでしょう。
一方、私は、何がこのやや奇妙な装置の内部にあるか、私たちはすべて推測するべきであると思います。
私は、高解像度ビデオクリップを再生することができるように非常に強力なGPUに賭けをしています。

21:9というのはいわゆるシネスコサイズ。
かつてPhilipsからこの比率のテレビが発売されたことがあります。
その後どうなったのか知らないので成功はしなかったのでしょう。
東芝が映画配信用に用意しているのか?
詳細は不明です。
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。