スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光をコントロールすれば時間は止まる?

以前の分類記事
01 /09 2012
アインシュタインは相対性理論で、強い重力場では時間の流れが遅くなると予言した。そして今回、アメリカ、コーネル大学の研究チームは時間を完全に止める実験に成功したという。光を曲げて時間の“穴”を作りだす手法で、少なくとも見かけ上は時間が止まるそうだ。
この実験は、可視光線を屈折させて物体を見えなくする“透明マント”の研究成果に基づいている。光が物体に当たらず避けて通った場合、その光は散乱も反射もしないため物体は不可視となる。これが透明マントの発想だ。

 研究チームは、この概念を応用して時間の“穴”を作り出すことに成功した。ただし約40ピコ秒(1兆分の40秒)と極めて短い。

以下http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120105001&expand#title
---------------------------
本文を読む限り光を曲げたのではなく、光の速度を部分的に変化させて疎密波みたいなのを作ったってこと?
簡単に説明しすぎて中身がよく分かりませんが。
透明マントと言えばいわゆる光学迷彩ですが、007のボンドカーに車体のいろんな位置にカメラを付けてその映像をボディに映して周りに景色に同化するというシステムがありました。
そんな荒唐無稽な映画の話をされても……と思うなかれ。
日産のアラウンドビューモニターは車載カメラの映像から車の相対位置を割り出しそれを上からの俯瞰映像として合成してくれます。
http://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/avm.html
ボンドカーもあながち不可能ではないところまで来ているんですよね。
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。