スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこが知りたい家電の新技術 三洋電機「eneloop mobile booster」

パソコン
12 /23 2011
モバイラーの必需品「モバイルブースター」。でも発売当初はスマホがなかったはず

「携帯電話」という言葉は、今や「スマートフォン」を表す時代になった。調査会社の調べによれば、2011年の出荷数ベースでスマートフォンが従来型の携帯電話を追い抜き、契約数ベースでも、2015年3月にスマートフォンが携帯電話の加入者数を越えるという。

 スマートフォンの普及と共に増えてきた製品に、携帯型の外部電源「モバイルバッテリー」という製品がある。“高機能がゆえに電池の減りが早い”というスマホの弱点が補えることから、多くのメーカーが多くの製品を投入している。

 スマートフォンの必需品と言えるこのモバイルバッテリーのパイオニアとなったのが、三洋電機の「eneloop mobile booster」(エネループ モバイルブースター)、通称“モバブー”だ。

 このモバブーが発売されたのは、2007年12月。その当時は、スマートフォンはまったく普及しておらず、テレビが見られるワンセグ携帯を初めて三洋電機が発売した頃。消費電力の多い携帯電話などが存在しなかった時代だ。発売が2007年末ということは、開発をスタートしたのはさらに昔ということになる。
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column/newtech/20111222_498073.html
------------------------------------
この記者は本当に何も知らないということがよく分かる。
W-ZERO3の発売が2005/12/14なのだが。
それ以前に、携帯電話=バッテリーが持つ、スマートフォン=バッテリーが持たないという固定観念はいったいどこから来たのだろうか?
携帯電話だって通話すればあっという間に電池がなくなるし、バッテリーが1日持たなくて充電スタンドなる怪しげな商売もあったし、無断で携帯電話に充電しようとして盗電で逮捕された人もいたし。
モバイルといえばとにかく電源の確保が重要で、特に昔はバッテリーの容量が少なかったため、いろんなメーカーからモバイルバッテリーが発売されていた。
どこのメーカーのものがいいか? よく議論されていたし。
それに携帯ゲーム機の電源としても必要性があったしね。

これでお金もらえるの? と言いたくなってしまう。

モバイルブースターは2chのモバイル板では発売当初から話題になっていて、私も出てすぐに買いました。
エネループが出たあとにこれが出て、三洋電機の本気度を感じたものでした。
今も使っていますが、バッテリーとしても使えるしエネループの充電器としても使えるし、非常に便利ですね。
●こちらはリチウムイオンタイプ


●こちらはエネループを入れて使うタイプ




関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。