スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Winny開発者 無罪確定へ

以前の分類記事
12 /21 2011
ファイル交換ソフト「Winny」を開発した東京大学大学院の元助手が、映画などの違法コピーを手助けした罪に問われた裁判で、最高裁判所は犯罪となる初めての基準を示して検察の上告を退け、逆転で無罪を言い渡した2審の判決が確定することになりました。

東京大学大学院の助手だった金子勇さん(41)は、ファイル交換ソフトの「Winny」を開発してホームページで公開したことで、映画やゲームソフトの違法なコピーを手助けしたとして著作権法違反のほう助の罪に問われました。1審は、罰金150万円の有罪判決を言い渡しましたが、2審は、「違法な使い方を勧めたわけではない」として無罪を言い渡し、検察が上告していました。これについて最高裁判所第3小法廷の岡部喜代子裁判長は、「ソフトの開発を萎縮させないためにも、犯罪の成立には著作権が侵害される具体的な状況を認識していることが必要だ」という初めての判断を示しました。そのうえで、「被告がそこまで認識していたとは言えない」と指摘し、20日までに検察の上告を退ける決定をしました。これによって、2審の無罪判決が確定することになりました。この事件を巡っては、「どのような場合に著作権法違反のほう助に当たるのか基準があいまいで、技術開発が萎縮しかねない」という批判の声が上がっていましたが、最高裁は今回の決定で一定の基準を示したことになります。無罪が確定することについて、最高検察庁の岩橋義明公判部長は、「今回の事件は社会に大きな影響を与えた事件で、検察の主張が認められなかったことは誠に遺憾だ」というコメントを出しました。一方、金子さんは、20日夜、東京都内で会見を開き「素直にうれしいです。ソフトの悪用という点ばかりが注目されてしまいましたが、私の開発態度が正しく認められたことはありがたいと思っています」と述べました。また、弁護士は「失われた7年は金子さんや日本のソフトウェア技術者にとって非常に大きな損失でした。最高裁が犯罪が成立する基準を示したことは技術の開発に向けて大きな意味があると思う」と述べ、今回の決定を評価しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111220/t10014782281000.html
---------------------------------
やっと無罪が確定して何よりでした。
最高裁がまともな判決を出してくれてホッとしています。
もしこれが有罪なら刀鍛冶やサバイバルナイフメーカーやそれを販売した人たちはみんな殺人幇助で逮捕されなければなりません。
47氏はファイル交換ソフトを開発したのであって、違法アップロードを推奨したわけではなく、逆にそれを戒める発言を当初からしていて、そこに違法性をこじつけること自体がおかしい。
一連の検察不祥事を見れば、相手は東大の助手だし話題性に富むからとろくに検証もしないで逮捕に踏み切った気がします。
そして1審の東京地裁判決、あれがそもそもおかしい。
検察不信とかいわれますが、高知のスクールバス事故の判決を見ると裁判所も検察も同じ穴の狢だという感がします。
まあ、検察も裁判官も元は同じ司法試験合格者で司法修習を受けているわけで、検察の肩を持ちたがるのは仕方ないのでしょうが。

ともあれ、まだ裁判所には良心が残っていたようです。
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。