エプソン、テーブル投写もできる超短焦点プロジェクター

以前の分類記事
12 /15 2011
エプソンは、超短焦点のオフィリオプロジェクター4機種を、2012年2月24日から順次発売する。価格はオープンプライス。

 企業/教育市場向けのプロジェクターで、プロジェクターとスクリーンの距離があまりなくても投写できることが特徴。80型の画面を投影するために必要な最短投影距離は18.7~22.2cmときわめて短い。

 この特徴を生かして、テーブルの上にプロジェクター本体を置き、テーブル面に映像を投写することもできる。また、移動可能なスクリーンボードの上に設置して、キャスター付きのホワイトボードのように場所を移動することもできる。
0628.jpg
-----------------------------------
やっとこういうのが出ましたね。
これを使うとですね、板タブがあら不思議液タブ代わりになるんですね。
ただし手の影が映るという弱点がありますが。
WXGAで169,980円だったら素直にCintiqを買った方がいいですけどね。
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!