スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「iTunes」不正利用が多発

以前の分類記事
11 /18 2011
メリカのアップルが運営する世界最大のインターネットの配信サービス「iTunes(アイチューンズ)」で、利用者がソフトを勝手に購入されるトラブルが国内で増えて、ことし7月以降で4000件近くに上ることが分かりました。

「iTunes」は、アメリカの大手コンピューターメーカーのアップルが運営する配信サービスで、利用者はIDとパスワードを登録したうえで、クレジットカードなどを使って音楽やゲームなどのソフトを購入します。複数のカード会社によりますと、国内の利用者のIDが何者かに不正に利用され、ソフトを勝手に購入されるトラブルがこのところ増えて、ことし7月以降で少なくとも4千件近くに上るということです。カード会社によると、ほとんどのケースでは不正に利用されたことが認められ、利用者は代金を払わずに済んでいるということです。アップルの日本法人では「社内からIDやパスワードなどの情報は流出していない」と話しています。iTunesについては、去年も不正利用のトラブルが相次いだことがあり、消費者庁が実態を調査しました。独立行政法人の情報処理推進機構では、利用者が偽のサイトにだまされて個人情報を入力してしまったなどさまざまな原因が考えられるとして、パスワードを定期的に変更することや、複数のサービスで同じパスワードを使わないことなどを呼びかけています。

千葉県に住む会社員の井野宏紀さんは、iTunesで先月下旬にゲームソフトなどを勝手に購入され、2万円余りの請求書が届いたということです。IDが不正に利用されたことが認められて代金を支払わずにすみましたが、もとのIDは使えないままで、これまでに購入したソフトの管理などができなくなっています。男性は「IDとパスワードは適切に管理してきたつもりだが、勝手に利用されてしまい、怖くなった。利用者には、もっと注意喚起が必要だと思う」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111118/t10014039651000.html
------------------------------
昨年も同様の問題が指摘されたにもかかわらず、iTune側は消費者庁の度重なる質問状にも真摯に対応しているとは言えませんでした。
で、未だにやっぱり同様の問題があると言うことは、どういう理由にせよiTune側で対策する必要があると思いますが、そういう気は全くなさそうです。
私に言わせればソニーと同類です。
よくこんな企業にクレカ情報を登録するなあ……と思ってしまいます。
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。