スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プチコン」を開発したスマイルブーム小林貴樹社長インタビュー ~今だから話せる開発秘話と次回作「プチコン+」について

パソコン
11 /01 2011
 今回は、プチコンの開発元として一躍有名になった株式会社スマイルブームの小林貴樹社長にインタビューをすることができたので、その内容を紹介したい。

 プチコンについては、以前、筆者がレビューしたので、そちらをご覧いただきたいが、ニンテンドーDSi/DSi LL/3DSをBASICが動くコンピューターにしてしまうという、ユニークなソフトだ。

 価格が800ニンテンドーDSiポイント(800円相当)と手頃なこともあって、BASICで育ったアラフォー世代を中心に人気を集めた。Twitterや2chなどに活発なユーザーコミュニティができ、プチコンの機能を活かした自作プログラムの実行の様子をYouTubeやニコニコ動画などにアップする人が続々登場。その中には、BASICで作成されたプログラムとは思えない見事なゲームソフトもあり、さらなる盛り上がりを見せている。

 2011年3月9日にニンテンドーDSiウェアとして配信が開始され、6月16日に不具合修正と一部の命令実行速度の改善が行なわれたアップデートバージョンがリリースされている。

 スマイルブームは、東京ゲームショウ2011に出展し、小林社長も2日目と3日目にブースで説明を行なっていた。このインタビューも、東京ゲームショウ2011の会期2日目(9月16日)に行なわれたものだ。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ishii/20111031_487625.html
------------------------------
こんなソフトがあったとは知りませんでした。
ハードの方が手元にないので使えませんが、DSで自作プログラムが動くのは結構面白そうです。
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。