スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「6.1型で2500×1600ドット」の超高解像度ディスプレイを見てきた

パソコン
11 /01 2011
東芝モバイルディスプレイが先日発表した、“銀塩写真とほぼ同等”という498ppiの精細度を持つモバイル向け液晶ディスプレイが「FPD International 2011」にて展示されていた。

「写真画像並」の超高精細モバイルディスプレイ、東芝グループが開発

 展示していた6.1型ワイドディスプレイの解像度はフルHDを超える2560×1600ドット。同社のTFTの形成技術や精度の高い組み立て技術でこの解像度を実現したという。「写真画像とほぼ同等の深みのある映像を再現」できるとしている。

 そのほかのスペックは表示色数が約1677万色、コントラスト比は1000:1、視野角が上下/左右ともに176度以上となる。ブースでは写真や新聞の見開きなどを表示するデモを行っていた。これらの超高精細技術を、東芝モバイルディスプレイは「Purezza fine」と名付けている。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1110/28/news096.html
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。