任天堂、「3DS」課金対応ソフト発売へ 12年中に

家電
10 /29 2011
任天堂の岩田聡社長は28日の決算説明会で、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けに、課金システムに対応するソフトを2012年にも発売する考えを明らかにした。ゲーム用の追加コンテンツを後からインターネットで有料で取り込めるようにする。ネット経由のゲームが広がるなかで、ソフトの単品売りに加えて新たなサービスで市場を開拓する。

 任天堂が開発したソフトだけでなく、3DS向けにゲームを提供する外部メーカー製でもサービスを予定している。11月末までに必要なシステムの整備を終える。

 例えば自動車レースのゲームではもともとのソフトに盛り込まれたレースコースだけでなく、ネット経由で別のレースコースをダウンロードできるようになる。1本のソフトでより長く楽しめるようになり、ゲーム愛好家の囲い込みにつながると期待している。

 新サービスは新たなソフトの買い控えにつながるリスクもあるが、ゲームソフト大手のカプコンの辻本春弘社長は「消費者はネット上で音楽ソフトなどを購入している。ゲームもソフトを売って終わりでなく、売ってからもサービスを提供して対価をもらうビジネスモデルには魅力がある」との見方を示した。
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819696E0EAE298938DE0EAE3E2E0E2E3E38698E3E2E2E2
-----------------------------
任天堂が強気だったのはこれのせいでしたか。
モバゲーやグリーを横目で見ながら知恵を絞っていたようで……
そういえばドラクエもネトゲー化することになったし……

ついに禁断の果実に手を出したな、任天堂よ。
フォースの暗黒面にとらわれてしまったか。
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!