スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レアメタル使わず大容量電池=資源コスト抑え実用化へ―大阪大など

以前の分類記事
10 /17 2011
リチウムイオン電池の原料に不可欠なレアメタル(希少金属)を使わず、大容量バッテリーを開発することに、大阪大の森田靖准教授と大阪市立大の工位武治特任教授の研究グループが成功した。英科学誌ネイチャー・マテリアルズ電子版に17日、発表した。
 携帯電話やノートパソコンに搭載されるリチウムイオン電池は、プラス極内にレアメタルを含む無機性のコバルト酸リチウムを使用するため、レアメタルの高騰に伴いコスト面が問題化している。有機物を代用した例もあるが、電気容量や充電回数の寿命で劣っていた。
 研究グループは、プラス極にレアメタルを含まない有機分子「トリオキソトリアンギュレン(TOT)」を使用。有機分子は結合が不安定とされるが、独自の技術でTOTを制御してバッテリーを設計したところ、リチウムイオン電池の1.3~2倍の容量が得られた。 
【時事通信】
-------------------------------
必要は発明の母と言いますが、危機を技術と知恵で切り抜けるのが日本人の特技の一つだと思っているので、こういうニュースは本当に嬉しい。
容量2倍なら単純に駆動時間2倍ですからね~。
ただ、100回充電すると容量が30%ほど減るらしく、メモリー効果克服が今後の課題かと思われます。
ちなみに涙目ではありません。(TOT)です。

しかしNHKのおはようニッポン、
「特定の国が輸出を制限して価格が高騰…」
みたいな説明をしていましたが、
はっきりと中国って言えよ
関連記事

コメント

非公開コメント

いおたん(伊織丹)

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。