--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-09-11(Mon)

格安中華旋盤をいろいろ観察してみる

中華旋盤を分解しながら点検していくことにしました。

まず刃物台、ベッドとのガイド部分に使っているプレートが斜めになっている。

999993.jpg
赤丸部分ね


さらに、刃物台のガタを調整するネジに回り止め防止用のナットが付いていないのがある。

999992.jpg


設置部分はオイルパンが付いていて、それはいいのですが、モーターカバーと干渉しているし、明らかにとってつけた感が強い。
元々付いていなかったんでしょうね。
そしてこのゴム足、振動を抑えるのにいいジャン…… なんて思えますが、ボール盤でさえ固定用のボルト穴が、それも10mmくらいの穴が開いているのに、明らかに振動の多い旋盤にゴム足はないでしょう。

999991.jpg

少なくとも台に固定するようにボルト穴くらい空けておかないと。
旋盤のフレームを見るに、最初から台に固定するという観念がないです。
ゴム足はM5のスクリューで止まっているだけ、フレーム幅も狭く足の部分も華奢。

999990.jpg

頭の方が幅が広いので安定性に難あり。
鋳造の際に出来た引け巣も至る所に見られるし。


それからこの足の部分。

999989.jpg

設置部分だけ肉厚が異様に厚い。
鋳物を設計する際には、こういうところで肉厚を変えると、収縮量が違うので割れが発生しやすくなると教わりましたが、どうなんでしょう。

でも、これを5万円で売れるんだから、安さでは到底かなわないですよね……
こういった点も含めて買う時には納得していないと、後で大変そう。
スポンサーサイト

最新記事

カテゴリ
自己紹介
お金も無いのについ好奇心だけでつまらないものを買ってしまって散財する、貧乏人にありがちな行動をとってしまう。わかってはいるんですが、ついやってしまうんですよね。
財布に下痢止めが欲しいくらいです。
そんな貧乏エンジニアの思いつき日記です。
トータル
最新記事
楽天ショップ


オススメAmazon




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。