記事一覧

Latitude10 インプレッション 感想 その3? ペンの調整

もはや生活の一部になったLatitude 10です。
無音なのがいいですね。
Surface Proが出て、RTが1万円引きになってMicrosoft絶好調?
proは出足こそ鈍かったけど、今は結構売れているらしい。
まだ値引きはないもんね。
近くの家電量販店では展示なし。
1度実物を見てみたいんだよねえ。

話を戻して……
Latitude 10には純正のスタイラスもありますが、私はBamboo stylus feelを購入しました。
こっちの方が握りやすそうだったから。
しかし、筆圧の初期設定が高すぎてかなり力を入れないとクリックにならない。
というか、このままでは絵を描いただけで肩が凝ります。
そこで最低ON荷重を小さくすることにします。

スタイラスのボタンの根元側に細い-ドライバを入れます。
ちなみにボタンの構造はこんな感じ。
CIMG0582.jpg
ちょっと暗くてわかりにくいですが、先っぽ側の方が広くて根元側の方が狭い穴が開いています。
先っぽ側は単にクリックのための、根元側はそのヒンジになる部分。
従って根元側の狭い方に細いドライバを横から差し込みます。くれぐれもペンの中心に向かって差し込まないように。
ザックリ行くと中身を損傷します。
それと必ず傷がつきますw

なので、自己責任と言うことで……

中はこんな感じ。
CIMG0581.jpg
一番先がクリックボタン、残り2個が可変抵抗。
真ん中にうっすらと(-)の溝が見えると思います。
この可変抵抗の先っぽ側(写真だと左側)を反時計回りに回します。
半回転くらいでいいかと。調整しながら試し書きをしましょう。
ボタンを外す時についた傷がしっかりと映っていますが……

他の書き込みを見ると、純正のはこの可変抵抗がメチャクチャ硬いらしいですが、これは何の抵抗も感じなかったくらいでした。

ちなみにペンドライバですが、ワコムのを使うとSAIなどで筆圧が有効になるそうですが、スリープに不具合が出るらしいです。
イラスタならノーマルのドライバのままでもイラスタの環境設定で筆圧を有効に出来ます。
なので、ワコムのドライバは導入していません。

これで最低ON荷重が小さくなり、フェザータッチで? クリック可能となりました。おかげで通常のクリック動作もとても使いやすくなりました。
イラスタ使いなので……
関連記事

コメント

当方のカスペルスキー左衛門は
「あいや待たれいッ」
と現れてピシャッと閉めた時に
URLがなんちゃらって出てたので
宣伝かも知れませんな。

Re: タイトルなし

> おお、ペンは調整できるんですね。
> ちょっとそれは知りませんでした。
>
> ところでしばらくの間、アンチウイルスソフトが邪魔立てして
> サイトが表示されませんでしたが何かありましたか。
うちはノートンのインターネットセキュリティを入れていますが、特に何も無かったと思います。
広告に誤反応したとか……

おお、ペンは調整できるんですね。
ちょっとそれは知りませんでした。

ところでしばらくの間、アンチウイルスソフトが邪魔立てして
サイトが表示されませんでしたが何かありましたか。

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

楽天ショップ



検索フォーム

自己紹介

お金も無いのについ好奇心だけでつまらないものを買ってしまって散財する、貧乏人にありがちな行動をとってしまう。わかってはいるんですが、ついやってしまうんですよね。
財布に下痢止めが欲しいくらいです。
そんな貧乏エンジニアの思いつき日記です。

オススメAmazon





トータル

今  日

現在の閲覧者数: